現在開催中の、東京国際映画祭(TIFFCOM)にて10/23(水)、新潟フィルムコミッションが出展します。その中で、18:30より六本木ヒルズアリーナにて「飛べ!ダコタ」のPRとして、油谷誠至監督、マーク・チネリー、ディーン・ニューコムによるl舞台挨拶を行います。どなたでもご来場頂けますので、監督や出演者の制作秘話を聞ける貴重なチャンスお見逃しなく!
また、ご来場者には、「飛べ!ダコタ」特製ポストカードやパラパラメモ、新潟県のロケ地ツアーの情報などが配られます。
現在絶賛公開中の「飛べ!ダコタ」。新宿のシネマスクエアとうきゅうは今月31日(木)までの上映予定です。その他、全国での公開も始まっています。まだ観ていない人は、急いで劇場にGO!

東京国際映画祭に出展するのは、新潟、広島、沖縄の3県のフィルムコミッション。各県で撮影された映画の紹介もあります。どんな映画が各地域でどのように作られているのか、聞いてみたいですね。


日時: 10月23日(水) 
     18:30頃~ 「飛べ!ダコタ」 舞台挨拶
     17:00~20:00 ブース出展:予定
場所: 六本木ヒルズアリーナ http://www.roppongihills.com/facilities/arena/
登壇順 18:30~ 新潟
      18:50頃 広島
「飛べ!ダコタ」舞台挨拶登壇者: 油谷誠至監督、マーク・チネリー、ディーン・ニューコム
※本編の上映はございません。予告編のみ上映予定です。

「飛べ!ダコタ」最新劇場情報はこちら

kantoku
油谷誠至監督

1954年広島県出身。フリーの助監督として、五社英雄、松尾昭典、実相寺明雄などの下で活躍後、88年より総合ビジョンにて深町幸男監督に師事。89年山田太一脚本の連続ドラマ「夢に見た日々」で監督デビュー。04年「牡丹と薔薇」では、昼ドラ・ブームの火付け役となった。主な作品に、「母親失格」(07)「Xmasの奇跡」(09)などの東海テレビの昼帯ドラマ、二時間ドラマ「救急救命センター」シリーズ(00~)月曜ドラマスペシャル500回記念作で矢沢永吉主演ドラマ「雨に眠れ」(00)がある。本作で、初の映画監督に取り組む。

mark

マーク・チネリー(Mark Chinnery)
 /ブラッドリー少尉役
モデル・俳優。オーストラリア出身。日本語が堪能で多くの映画、ドラマ、CMなどの外国人役として、またモデルとしても活躍。出演作に、大河ドラマ「篤姫」(08)映画『長州ファイブ』(06)『私は貝になりたい』(08)『ゼロの焦点』(09)など。2010年から舞台『MOTHER マザー〜特攻の母 鳥濱トメ物語〜』に3年連続出演を果たす。

dean

ディーン・ニューコム(Dean Newcombe)
/デイヴィッド少尉役
モデル・俳優。イギリス出身。世界各国の雑誌、CM、パリコレ等のファッションショーを中心に活躍中。ユニクロ、ニュー・バランスなどのCMで活躍する一方、ニュージーランドの人気ドラマ「Shortland Street 」や、数々のショートフィルムに出演。09年より、日本を拠点に活動。本作では、母国イギリスの兵士役を演じる。

また、ジャパン・フィルムコミッションが、東京国際映画祭期間中に、お台場でロケ地フェアも行っています。お台場に行く人はぜひお立ち寄りください!

名称: ジャパン・フィルムコミッション ~ロケ地フェア2013~
開場:『TIFFCOM2013』 会場内
   ホテル グランパシフィック LE DAIBA(〒135-8701 東京都港区台場2-6-1)     
日程 :   2013年10月22日~24日(3日間)
時間 :   9:30~18:30 (準備:10月21日14:00~/撤収:10月24日17:30~)